キャッシングを利用するにあたって
キャッシングの利用

キャッシングを利用するにあたって

ローンとキャッシング、この二つは以前は違うものとして使い分けられていました。今でこそカードローンというものが台頭してきて、ローンと言えば カードローンが最初に思い 浮かぶ方も多いかと思いますが、カードローンが登場、普及してきたのは、ごく最近のことになります。それ以前は住宅ローン、自動車ローン、教 育ローンのようにある程度以上の金額を借り入れ、使途は限定され、分割返済されるといったものがローンの典型でした。それに対してキャッシン グはローンほどの金額ではなく、かつ、使途はほぼ本人次第の借金で、原則翌月一括返済されるものでありました。大まかに大口融資はローン、小 口融資はキャッシングといった分類がなされていたのです。ところが1970年代にカードローンという商品が登場し、その後のCDやATMの拡 充、金融会社同士の情報のオンライン化などにより、カードローンが急速に普及します。カードローンの使途は一部例外を除いてほとんど制限のな い小口融資が現在では一般的であり、一括返済もありますが分割払いも可能です。今ではカードローンとキャッシングの線引きも曖昧になり、厳密 に使い分けることも少なくなっています。
キャッシングを利用するには、その審査に通る必要があります。主に返済可能なだけの安定した収入があるかを判断します。よってあなたがどう いった職業に就いているかで、申し込むべき商品が違ってきます。
あなたが公務員であった場合、これは世の中で最も堅い職業のひとつですから、他社で多額に残高があるとか延滞履歴が多いとかでないかぎり、審 査に通る可能性が高いです。通常最も審査が厳しいとされる銀行系のカードでも狙えます。銀行系のカードは貸金業法総量規制の対象外ですから限 度額も大きくしてくれることを期待できます。貸金業法ではその人の年収の1/3を超えて貸し付けることはできないこ とになっていますが、銀行 が束縛を受けるのは銀行法であって、貸金業法ではありません。通常残高が大きくなるとそれに対する実質年率は小さくする会社がほとんどです。 限度額が最高800万円で実質年率3.5%~12.475%といった他の銀行系以外のカード会社からすると夢のような額と率を設定していると ころもあります。一般的には限度額500万円以下、実質年率5.0%弱~15.0%前後ですからその有利さはおわかりいただけるでしょう。難 しい試験に通って公務員になろうと思う方が結構いらっしゃるのもうなずけます。
Copyright キャッシングを利用するにあたって All Rights Reserved.